ホーム > お知らせ > 消費税が10%にあがる年、例年より大きく価格が変動!?

お知らせ

消費税が10%にあがる年、例年より大きく価格が変動!?

2019年1月30日

去る1月28日第198回通常国会が召集されました。平成天皇をお迎えしての最後の国会でもあり、首相の施政方針演説において平成を回顧する箇所があり、阪神大震災に言及された当たりは、我々関西の者にとっても印象深いものとなりました。前年の12月14日に発表された平成31年度税制改正大綱は、冒頭において「消費税率10%への引上げを平成31年10月1日に確実に実施する」と宣言したものとなっていましたが、首相の施政方針演説において、消費税の引上げについてふれ、国民の理解と協力を求めたことをもって、我々もいよいよ10月1日の消費税10%の導入に備える時がやってきたものと思われます。

このたびの消費税は10%の導入とともに8%に存置される軽減税率が特徴となっていますが、むしろ、消費税による景気落込みへの事前策として公表された「価格の弾力化」容認方針が、私たち消費者にとってその対応を難しいものとしています。導入前の駆け込み需要に対して事業者は価格を値上げしてよく、導入後の消費減退対策として事業者の判断で値下げセールをしてもよくなったのです。つまり、消費者にとって1万円のものを8%の消費税込(税込み10,800円)で買うか、10%の消費税がついた8千円(税込8,800円)で買うかという選択肢が出てきたのです。もちろんしっかりと価格を見ておけば、むしろ合理的な買物ができるかもしれません。しっかりと事前準備をしておきたいものです。